スキ率とは

スキ率とは掴んだ毛束を1回カットした時に切れる毛量の割合を言います。
スキ率の高いセニングを使用すれば1度に多くの毛が切れて、スピーディな仕事で時間短縮になりますが、
その反面、正確なカットと見極めるスキルが必要とされます。また、使うシーンや仕上がり後のイメージによっても
変わってきますので、ご自分のスキルや目的に応じた適切なセニングをお選びください。

スキ率表

  • HC212
    (21目3段 ANGLE-POCKET)
  • HC163
    (16目3段 ANGLE-POCKET)
  • HC262
    (26目2溝 ANGLE-POCKET)
  • HC233
    (23目3溝 ANGLE-POCKET)
  • HC214
    (21目4溝 ANGLE-POCKET)
  • HC302
    (30目2溝)
  • HC263
    (26目3溝)

〈スキ率 15~20%〉
 根本~毛先までの質感・毛量調整に。
 ラインや穴になる心配が少ないスキ率で、繊細な質感表現や少しずつ毛量調節ができるセニングです。

〈スキ率 25~30%〉
 根本~毛先までの質感・毛量調整に。
 幅広く活用できるスキ率ですのでメインセニングとしても活躍します。

〈スキ率30%以上〉
 中間位~ 毛先までの毛量調整に。
 高いスキ率なので、作業効率UPや時間短縮におすすめのセニングです。